こん僕。の裏話

  • 2007.03.09 Friday
  • 00:24
絶賛発売中のこん僕。ですが、なんと新宿紀伊国屋のランキングで4位になりました。すでに感想も多くの方から頂いています。誠にありがとうございます。もっともっと売れろー。

ちなみに、この本ですがベンチャー社長の成功本でも、今一歩踏みさせない人を勇気づけるための本でもなく、純粋に読みものとしての本を創ると決めて、家入の執筆が始まりました。社長本も引きこもり本も他の誰かが書くだろうし、家入のエッセンスを十分に引き出すにはそのほうがいいだろうと考えた上で決めました。ペパボとしても、イケイケ系の会社ではないので・・・。


ところで、東京に来てからのことなのですが、イエイリカズマという男を「どこまで成長させられるか」「どこまで夢を待たせてあげられる」という感情が芽生えてきました。ペパボに入ることになったときは(この話はこん僕。に書かれてます)ロリポを手伝ってあげようという気持ちくらいでした。当時、家入は私がちゃんと仕事するとは思ってなかったみたいです・・・。

東京へ進出するころには、ロリポも会社も大きくなりスタッフも増え、今のスタッフに任せられる状況となっていました。現状維持のままなら、自分はこの会社にもう必要ないなと考えるた時もあります。そのような状況の中で、でも家入をどうにかしてあげないと、という気持ちが生まれてきたのです。イエイリカズマを停滞させてはいけない、と。


正直なところ、家入に対して尊敬とか憧れは一切持っていません。ただ、友達として支えてあげないとという気持ちだけです。だからペパボを成長させ、家入を支えるという仕事が続けられているのだと思っています。最近は私も卑しい人間になり、「この男の持ち味を使ったらどうなるんだろう」という感情になっています。


 ― イエイリカズマが本を書かせたら どんな本ができるんだろう ―


こんな僕でも社長になれた
こんな僕でも社長になれた
家入 一真



結果、素敵な本ができたと思います。あとはガッツリ売れるだけです。お読みになってない方はぜひ、書店で見つけてください。

スポンサーサイト

  • 2018.01.05 Friday
  • 00:24
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    必死ですね
    • 2007/03/09 8:10 PM
    うれてなんぼです
    • 2007/03/09 11:54 PM
    感動した
    • ieiri
    • 2007/03/20 5:17 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    profile

    つぶやき

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM